会社情報

沿革

昭和33年 8月 埼玉県東松山市に八百清1号店がオープン。
昭和40年 10月 生鮮食料品の小売販売を目的として、資本金60万円にて、東松山市に岩崎商事株式会社を設立。
昭和51年 6月 埼玉県川越市に志多町店を出店、10店舗となる。
昭和55年 5月 埼玉県坂戸市に新本部社屋落成、本社機構移転。
昭和56年 10月 額面変更の為、株式会社ヤオセーを吸収合併(新資本金1億5千8百万円)同時に商号を岩崎商事株式会社とする。
昭和56年 12月 20店舗目を出店。
昭和59年 5月 損害保険代理業に進出。
昭和61年 8月 生命保険募集業務に進出。
昭和62年 10月 本部敷地内に生鮮加工センター(現、彩裕フーズ)を新設。
昭和63年 4月 株式会社マミーマートに変更(新資本金1億6千7百万円)
平成元年 9月 東松山市に松山町店開店、30店舗となる。
平成2年 9月 増資し、資本金10億6千万円とする。
平成3年 5月 社団法人日本証券業協会(東京地区)の店頭登録銘柄として株式を公開。資本金20億5,540万円とする。
平成3年 8月 埼玉県熊谷市に初の大型複合店舗「モア・ショッピングプラザ」(現、籠原店)を開店。
平成4年 11月 本部を坂戸市からさいたま市(旧大宮市)に移転する。
平成8年 11月 千葉県に第1号店生鮮市場TOP増尾台店(柏市)を複合店舗として開店。
平成10年 5月 熊谷市の「ソシオ熊谷物流センター」に物流機能を一本化。
平成11年 10月 彩裕フーズ株式会社とマミーサービス株式会社を100%子会社として設立
平成11年 11月 住友商事と資本提携。増資し、資本金26億6,020万円とする。
平成12年 9月 マミークラブ会員15万人となる。
平成15年 4月 坂戸市に当社初のオープンモール型NSCとして、モアショッピングプラザ坂戸入西店を開店。
平成15年 7月 東京都に初の出店となる、小平小川店(小平市)を開店。
平成18年 自社開発商品「mami+」(マミープラス)、「mami+プレミアム」(マミープラスプレミアム)を開発し、販売を開始。
平成20年 7月 栃木県に第1号店足利店(足利市)を開店。
平成20年

~21年

設立50周年 記念セール・イベント開催
平成22年 4月 ジャスダック証券取引所と大阪証券取引所の合併に伴い、大阪証券取引所JASDAQ市場(現東京証券取引所JASDAC市場)に上場
平成22年 4月 マミークラブ会員 40万人となる。
平成24年 6月 60店舗目となる飯山満駅前店(船橋市)開店。
平成24年 9月 彩裕フーズ株式会社が川越市に移転。川越工場稼働。
平成26年 4月 物流センターを川越市「川越物流センター」に移転。
平成26年 9月 Tポイントサービス開始。
平成28年 4月 70店舗目となる柏の葉店(柏市)開店。
平成28年 9月 売上高1000億円となる。

八百清1号店:画像
八百清1号店

坂戸市本社:画像
坂戸市旧本社

生鮮加工センター:画像
旧生鮮加工センター

ソシオ熊谷:画像
ソシオ熊谷

50周年ロゴ:画像
50周年ロゴ

西堀店:画像
西堀店

このページの先頭へ