IR情報

投資家の皆様へ

株主の皆様におかれましては、日頃より格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。
さて、ここに当社平成28年9月期(平成27年10月1日から平成28年9月30日まで)の事業の概要についてご報告申し上げます。
当社グループは、競争に打ち勝ち、お客様のニーズに的確にお応えするため、「さらなる商品開発」「個店力向上」「プロフェッショナル人材育成」「時間帯別MD確立」の4項目を重点取組項目として、ご来店されるお客様に楽しくお買い求めいただくため、情報提案型の売場づくりを推進してまいりました。

代表取締役社長?岩崎裕文

代表取締役社長
岩崎裕文

セールスプロモーション

営業面におきまして、「さらなる商品開発」については、商品開発から管理、販売提案までを行うマーチャンダイジング室を新設し、新規商品開発、ローカルブランド商品発掘、名物商品開発を推進してまいりました。「個店力向上」については、個店ごとに異なるお客様のニーズを捉えた販売計画の作成~実行、毎月恒例の企画「大試食会」を中心にインストアプロモーションを実施し、魅力ある店舗づくりに努めてまいりました。「人材育成」については、「おもわず話したくなる食べ物学講座」を開講し、全従業員へ「Enjoy Life」の考え方を浸透させるべく、教育体制を整備・拡充してまいりました。「時間帯別MD確立」については、開店から閉店まで時間帯に応じて変化する来店客層の変化を捉えた売場づくりを推進してまいりました。また、店舗運営については、スピードセルフレジ(精算をお客様自身で行うシステム)の導入をはじめ、効率化・省力化の仕組み導入を進めてまいりました。

設備投資

設備投資といたしましては、(株)マミーマートにおいて、平成27年11月に鶴ヶ舞店(埼玉県ふじみ野市)、平成27年12月に三室山崎店(同さいたま市)、平成28年4月に坂戸八幡店(同坂戸市)、柏の葉店(千葉県柏市)を新規開店いたしました。店舗の改装については、深井店(埼玉県北本市)、岩槻店(同さいたま市)、生鮮市場TOP春日部店(同春日部市)、生鮮市場TOP増尾台店(千葉県柏市)において実施いたしました。また、平成27年10月に神明町店(埼玉県川越市)、平成28年3月に近隣地域での新規出店に伴い千代田店(同坂戸市)と柏十余二店(千葉県柏市)を閉店いたしました。マミーサービス(株)において、平成28年6月にさいたま市見沼区で営業しておりました「むさしの湯」を閉店いたしました。これらにより、当連結会計年度末の店舗数は、温浴事業・葬祭事業を含め72店舗となりました。


当社グループは、多様なお客様のニーズ・ウォンツにお応えするため、「Back to Basics!」(基本に立ち返ろう!)をスローガンに、「個店主義」「商品開発」「時間帯別MD確立」の3項目を重点取組項目として、店舗運営力を高めてまいります。営業面については、名物商品の育成、オリジナル商品の開発、鮮度・味の向上を目的とした生鮮部門の産地開拓、輸入商品・地域特産品の発掘を行ってまいります。また、「Enjoy Life」を深耕させ、食の力を芽吹かせる品揃えとサービスで健やかな毎日の食生活提案を推し進めてまいります。店舗展開については、平成29年に埼玉県川越市、千葉県船橋市に各1店舗の合計2店舗を計画いたしております。既存店については計画的な改装を実施し、営業力の強化、店舗の活性化を図ります。
株主の皆様におかれましては、引き続き、ご理解とご支援を賜りますようお願い申し上げます。

平成28年12月

このページの先頭へ